ホチキス好きなフィリピンで起こった愕きの出来事


SMクラークのイベント広場の片隅に大きな壁画のような

綺麗な絵が飾られていました。


color adventure sm (1)

十数年前にフィリピンに住み始めた頃から、フィリピン

ホチキス好きは直ぐに気がつきました。

(ステープラーと言うのでしょうが、馴染みのあるホチキスと呼びます)


役所に行っても、一連の書類を纏めてホチキスで留めて

くれたり、請求書の支払いに行くと必ず領収書を請求書に

ホチキスで留めてから渡してくれたりします。


一連の書類に追加の書類が出てくると、纏めた書類に

更に追加の書類をホチキス止めをして渡してくれるのですが、

はたして、こんなにバチバチとホチキスで留める必要が

あるのだろうかとずっと疑問に思っていました。


領収書を請求書に留めてくれるのは支払い済みの請求書なのか、

未払いの請求書なのか判別するのには確かに便利な面は

あります。


昨年、電気料金の支払いで払ったと記憶していた請求書に

領収書が添付されていなかったので、やはり支払っていなかったと

いうことが確認できた事もありました。


領収書だけを使うため、ホチキスの針を外す時には指の爪で

外したり、留めた裏側の針の先を少し戻してスライドさせて針を

抜いたりと手間がかかります。


針外しの道具も日本にはありますが、サッシェに入ったケチャップも

歯で噛み切って使うお国柄ですから、そのような道具を使う人も

記憶にありません。


日常の生活でこれ程ホチキスを多用する国もないのではないかと

思うくらい、おそらく世界で一番のホチキス使用大国なのだと

認識しています。


ただ、この書類から外した針はゴミ箱に捨てられる訳でもなく

外した場所の地面に落とされるケースが殆どだと思います。


道路にも相当数の外した針の破片が残っていると思われ

自転車を使っていた時にはその針がタイヤのゴムに多数

刺さり、その内の一本が分厚いタイヤのゴムを突き抜けた

のが原因でパンクしてしまった事がありました。


この使用済みのホチキスの針は生活面で害が及ぶのでは

ないかと機会がある毎に危惧していましたが、ついに

昨日とんでもない事が起こりました。


焼きそばを食べている時に、口の中で細長い硬いものを

感じ、焼きそばの一部に火が通らずに硬いまま混ざって

しまったのかなと思ったのですが、念のため舌でその部分を

探り当てて、皿の角に取り出してみました。


すると、何と 小さなワイヤー状のものが出てきました。


yakisoba staple (1)

目を凝らしてみて見ると、これがその使用済みのホチキスの

針であろう事が分かりました。


気がついてみると、確かに口の中に金属の独特の味が

残っていました。


これは、おそらく焼きそばの麺を入れたビニール袋か何かを

留めるために使われたホチキスの針が偶然に麺と一緒に

混入してしまったものに違いないと思いました。


このような事が発生すると、日本では大変な騒ぎになりますが、

フィリピンではこのような事は日常起こる事なので、おそらく

特に動揺するような事はないのではないかと考え、一応

今後の安全のため麺をすべて食べ終わってからカウンターに

持ち帰り、状況だけは説明しておきました。


これを口の中で、硬くなった麺の一部と勝手に判断して、

飲み込んでしまったとすれば、ゾッ としますが、フィリピン

何でもホチキスで留めるという生活習慣を改善しないと

同じような事が起こる可能性は十分あるのではないかと

思っています。


この後、1~2時間は口の中の金属味が消えませんでした。



miss club asia pool031117 (119)

プールパーティーで行われたコズミックカーニバルより、




にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村
↑↑↑↑↑ここをクリックしていただけるとランキングが上がります。
にほんブログ村        いつもクリックしていただきありがとうございます。
にほんブログ村 大人の生活ブログへ
にほんブログ村
団塊世代 夢と希望
人気ブログランキングへ
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : フィリピン
ジャンル : 海外情報

tag : ホチキス 好きな フィリピン 起こった 愕き 出来事

コメントの投稿

非公開コメント

No title

恐ろしい話ですね。

誰も信用してはいけない国ですね。
異物混入でも、ホチキスの針は、吞み込んでしまったら、
胃や腸に穴が開く可能性がありますよね。

手術が失敗して、死亡することも。

日本でも友人が、ロッテリアの運営するバーガー店で、
ホチキスの針が混入していました。

本部まで行きましたが、店舗で混入したのではないかと言う話で終わりました。

最近では、マルコメの危険度の全くない、異物混入jがありましたが、
メーカーは、告知して回収しています。

フィリピンのメーカーなら、無視でしょうね。

No title

それならおみやげに針のないホチキスを持って行くと喜ばれますかね??
100均でも見たことあります
でも、紙専用なんで焼きそばの袋は留められないですねw

No title

八方塞がりさん、

日本では身を守ってくれるのはメーカーや小売店という考えですが、
フィリピンでは身を守るのは自分自身という大きな考え方の違いが
あるのではないかと思います。

No title

たかひよさん、

針のない紙留めはフィリピンで広める必要があるのではないかと
思います。

ホチキス好きは長年に亘って生活に沁み込んでしまっているので
方法を変えることで針の使用量を減らしてゆくしかないのではないかと
思います。

No title

フィリピンではまだ破傷風があるようです。
お気をつけて。

mubout

No title

muboutさん、

フィリピンで食事をする時にはゆっくりと時間をかけて摂る様に
しています。

以前ご飯の中に小石が混入していて歯が欠けてしまった事があり、
どんな急ぎの時にも食事はゆっくりと違和感がないかどうか探り
ながら摂るようになりました。

子供でもフィリピンでは何か違和感があると、直ぐに吐き出すので
幼少の時から既にフィリピンでの食生活を体得しているのだなあと
思います。

No title

なるほど、サバイバルですね。
日本人は、安全が当たり前になっていますので、
フィリピンでの生活は、相当注意をしないと
生きていけないのですね。

異物混入当たり前なんですね。

ホッチキス

危なかったですね。
フィリピン人がレストランや食堂でごはんを食べる前にごはんやおかずをひろげるのは最初冷ますためと思っていたら、異物が入っていないかを確認するためでした。
レストランや食堂でハエやゴキブリ、アリ、芋虫などが入っていたことがあります。
こういうこともあり、ジョリビーのチキンセットが人気であることは納得です。

No title

八方塞がりさん、

食べ物に限らず、生活全般に同じような事が言えると思います。

南国のおおらかさの中にも常に用心の心構えは必要だと
感じます。

異物混入当たり前というより、基本的に経営で管理できる限界が
あるという事だと思います。

No title

Seijiさん、

今更ながら今回は助かったと思います。

客席に出された白いご飯にお腹を空かせたハエがかなり高い
位置からものすごい勢いで一直線の決死のダイブをした事が
ありました。

それもSMの中で、特攻隊魂を持ったハエもいるものだと感心して
しまった事がありました・・・笑

ハエはご飯の中奥深く結局食べませんでした。

No title

>南国のおおらかさの中にも常に用心の心構えは必要だと
>感じます。

おっしゃるとおりです。


フィリピンでは、やはり、自分自身で細心の注意を払うしか
防ぐことはできないんですね。

食に携わるスタッフ全員が、
「異物混入撲滅月間」などと題して、
衛生管理も一緒に気を付けようなど、
やるわけがないですよね。

ファーストフード店の方が、
少しましなんでしょうね。

No title

八方塞がりさん、

フィリピンでは雇用形態が雇用者と被雇用者で考えが全く異なり、
日本のように全社一丸となって業務改善をして行く等というのは
おそらく普通の場合は期待できない事だと思います。
プロフィール

ワリスティンティン

Author:ワリスティンティン
在比16年。フィリピン・アンヘレス・バリバゴの情報を提供しています。 ワリスティンティンはフィリピンのどこの家庭でも使われている椰子の葉の芯を束ねた箒で安価で役立ちます。アンヘレスには9年となりました。

広告スペース 200X200
新着記事(下のプルダウンでカテゴリーが選べます)
打ち上げ花火をあげられる四季の風景時計
最新記事
最新コメント
カテゴリ
Advertising Spase 200X200
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別アーカイブ
鯉と金魚にエサをあげられます

クリックでエサをあげられます

FC2カウンター
最新記事
ホットエアーバルーン

マウスで移動・つぶやき拡大します

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
海外情報
14位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
アジア
7位
アクセスランキングを見る>>
リンク
月別アーカイブ
More fun Philippines
Tourist guide more fun
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
検索フォーム
四季の花

毎日の花色と四季の景色変わります

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック