父の残した岩と母が残した楓


一昨年母が他界した後、かなり大きな昔風の母屋に

母と一緒に住んでいた息子一人が使っているような

形になっていて、母が自宅で急逝した事で離れに

住んでいる家人がその後一人では怖くて入れなくなって

しまっていました。


前回一時帰国した折に、取引先の建設業者に建替えの

計画ができるかどうかの打診をしておいたところ、何とか

実現できそうなところまできていました。


建物は建設後40年が経ち、このままでもあと10-20年は

住める程度ですが、息子一人で住むには大きすぎ、また

造りも古いため、改装するにしても少し難しい構造なので

この際、建て替えをして30-40年は住めるような建物に

出来るものかどうか検討を依頼していました。


自宅使用部分以外の敷地は賃貸アパートにすれば、あまり

手持ち資金を準備しなくても何とかできる計画なので

来年黒田総裁の任期がどうなるか、希望の党の今後の経済に

与える影響がどうなるか不透明な中、ある程度見通しの

立てられる今、決断をすることにしました。


建設予定の敷地内にどうしても残しておかなければならない

二つの遺品的なものがあり、それを避けるように建設用の

敷地を設定するのに時間を要しました。


memorial rock (1)

亡き父が30年以上前に趣味で買った大きな石というか岩は

高さ1メートル以上もあり、場所を移動するにしてもチェーン

ブロックで時間をかけて作業をしないと移動できないもの

です。


memorial kaede (1)

もう一つは母が大事に育てていた楓で、毎年2回庭師に来てもらい

手入れをしているものです。


庭師によれば、木を小さくして移植すると枯れてしまうかも

しれないというもので、かなり厄介ですが、母の魂が入って

いると思うとなかなか伐採という訳にもいきません。


今後、これを如何に避けながら計画を進めるか、知恵を

絞りながら検討していこうというところまで来ています。



にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村
↑↑↑↑↑ここをクリックしていただけるとランキングが上がります。
にほんブログ村        いつもクリックしていただきありがとうございます。
にほんブログ村 大人の生活ブログへ
にほんブログ村
団塊世代 夢と希望
人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

テーマ : 不動産
ジャンル : ビジネス

tag : 残した

プロフィール

ワリスティンティン

Author:ワリスティンティン
在比16年。フィリピン・アンヘレス・バリバゴの情報を提供しています。 ワリスティンティンはフィリピンのどこの家庭でも使われている椰子の葉の芯を束ねた箒で安価で役立ちます。アンヘレスには9年となりました。

広告スペース 200X200
新着記事(下のプルダウンでカテゴリーが選べます)
打ち上げ花火をあげられる四季の風景時計
最新記事
最新コメント
カテゴリ
Advertising Spase 200X200
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
鯉と金魚にエサをあげられます

クリックでエサをあげられます

FC2カウンター
最新記事
ホットエアーバルーン

マウスで移動・つぶやき拡大します

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
海外情報
16位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
アジア
8位
アクセスランキングを見る>>
リンク
月別アーカイブ
More fun Philippines
Tourist guide more fun
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
検索フォーム
四季の花

毎日の花色と四季の景色変わります

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック