寺の住職が逃げてしまった新本堂の建設


今回の一時帰国で愕いた事は、父の葬儀から檀家と

なっている寺の住職が失踪してしまったというニュース

でした。


寺は親鸞聖人がこの地にしばらく滞在された事がきっかけとなり、

後に応仁二年に建立された由緒ある寺ですが、先代の住職が

他界され、住職の息子さんが切り盛りしていました。


本堂がかなり古くなり、新本堂を建設することになり、他界した母も

新本堂の建設の為に生前、相応の寄付をしていました。



新本堂は今年の2月の法要の時には形がほぼ出来上がっていて、完成も

まじかかと思われていました。


ryozenji030416 (60)

新本堂は寺の規模からして、私の感覚では立派すぎるのでは

ないかと思った程の大きさになっていました。


建設の為のローンも組み、建設会社には半額は支払ったと

聞きました。


既に完成予定日は過ぎて、突然住職が失踪してしまったと

いう事は残りの工事代金の資金繰りが思うように行かず、

重責に耐えかねて失踪してしまったのではないかとも考え

られますが、残された檀家は今後の対応を迫られています。


噂では住職がお金を持って逃げてしまったとも言われて

いますが、よく分かりません。



本堂060317 (1)

当面工事は中止状態で、建設途中の柱等が傷まないように

屋根からシートがかけられています。


直近の話では本願寺が融資をして本堂を完成させ、住職も

派遣するのではないかという事ですが、あまりの突然の事で

当面の法事の予定はたたないようです。



にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村
↑↑↑↑↑ここをクリックしていただけるとランキングが上がります。
にほんブログ村        いつもクリックしていただきありがとうございます。
にほんブログ村 大人の生活ブログへ
にほんブログ村
団塊世代 夢と希望
人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

テーマ : 千葉県
ジャンル : 地域情報

tag : 住職 逃げて 新本堂 建設 失踪

プロフィール

ワリスティンティン

Author:ワリスティンティン
在比16年。フィリピン・アンヘレス・バリバゴの情報を提供しています。 ワリスティンティンはフィリピンのどこの家庭でも使われている椰子の葉の芯を束ねた箒で安価で役立ちます。アンヘレスには9年となりました。

広告スペース 200X200
新着記事(下のプルダウンでカテゴリーが選べます)
打ち上げ花火をあげられる四季の風景時計
最新記事
最新コメント
カテゴリ
Advertising Spase 200X200
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイブ
鯉と金魚にエサをあげられます

クリックでエサをあげられます

FC2カウンター
最新記事
ホットエアーバルーン

マウスで移動・つぶやき拡大します

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
海外情報
17位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
アジア
9位
アクセスランキングを見る>>
リンク
月別アーカイブ
More fun Philippines
Tourist guide more fun
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
検索フォーム
四季の花

毎日の花色と四季の景色変わります

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック