マニラ空港発最終荷物検査場で起こった奇妙な出来事

ana020214 (1)

昨日、日本は寒いのではないかと厚手のジャケットを

準備して成田に到着いたしましたが、それ程寒くなかったので

拍子抜けしました。


マニラつ時に奇妙な事が起こりました。

少し早めにマニラ空港NAIA3に着き、入国管理を通り最終

荷物検査をした時の事です。


イミグレーションも荷物検査場もあまり人気がなく忙しくは

ありませんでした。


手荷物をスキャナーの装置を通し受け取ったまでは

よかったのですが、制服を着た検査官が近づいてきて

荷物の再検査をするため検査台に来るように言われました。


パスポート、財布等を入れてあるウエストパックと日本に

着いてからの防寒ジャケット、ハイソックス等を入れてある

デイパック、ラップトップのパソコンケースの三つを

持っていました。


検査官はウエストパックを開けて財布や四つ折に

して入れてある航空券の控え等と持病の胆石の

内服薬の束を見て、薬がたくさん入っていると

言い出しました。


ご存知の方もいらっしゃると思いますが、胆石の内服薬は

二種類の薬を一日3回、一回につき合計3錠を飲むので

ブリスターパックに入った薬はかなりかさばるのです。


多く見えても1週間から10日で殆ど無くなってしまいます。


デイパックの方も荷物をひっくり返して、前回か前前回

病院からもらい、デイパックの底の方から残った薬が少し

入ったボロボロになった薬の袋も出て来ました。


薬はできるだけ手近に置いておきたいと思ったからです。


デイパックの中を整理して残った薬を別な場所に移して

おけばよかったのかもしれませんが、どうせ薬が無くなれば

その薬を飲むつもりだったのでそのままにしておいたのが

いけなかったのかもしれません。


その検査官はその薬を通す為には医者の処方が要ると

言い始めました。

フィリピンで医者から貰った処方箋はそのまま手元に残し、

何回でも使えるのですが、日本の処方箋は一回限りで

薬を貰うとその処方箋は回収されてしまいます。


薬局で薬の服用方法が書いてあるものは印刷して薬を

貰うときに渡してくれるのですが(最近は有料になったと

思います)、それは医者から貰ったものではなく、日本語で

書かれています。


これを避ける為には、かさばって目立つ薬はチェックイン荷物の

中に入れておけばいいのでしょうが、万が一その荷物が紛失

してしまった場合は、手持ちの薬が無くなると飲むことができなく

なってしまいます。


検査官はウエストバッグの中の日本円が数千円しか入っていない

古い財布や小額のドル紙幣が入っている財布を指でなでながら、

「貴方は友達になれる」と言いました。



思わず、検査官の胸の高さまで少し屈んで老眼の目で検査官の

名前を見ました。


○○○○○○○○


しっかりと名前を覚えました。


検査官が 友達 と思い、万が一この薬を置いていかなければ

ならないのであれば、あまり高くはない薬(本人負担分)なので

置いていってしまおうかとも思い、その言葉が喉元まで出たのですが・・・、

とは言っても、薬を貰う為にまた遠い病院まで行かなければならない

事を考えると言い出せませんでした。


暫らくどうしようかとその場で考えていると、その検査官は

その薬が要るのだろうと言って来ました。


古い薬袋の中に薬局から貰った服用法を書いた紙がないか

中を覗いたものの、あまり古くなりボロボロになったので、

新しい物があるので以前処分してしまっていたことに気が

つきました。その新しい紙はたくさん貰った薬のポリ袋の中に

入っていてアパートの棚に残してあります。


さらに荷物の前でどうしようか考えていると、電話番号を書いて

渡すように言われました。

書いて渡す紙も特に準備していなかったので、ウエストバッグに

入っていた空の封筒に携帯電話の番号と名前を書いたのですが

知らないうちに憤りに近いものがこみ上げてきて手が思うように

動きません。


乱雑な筆跡で電話番号と名前を書いて渡すとそれを持って

仲間のところに持っていったようです。


バラバラになった荷物をまとめていると、その検査官がまた

戻ってきたので、貴方の名前は覚えたので永久に忘れませんと

言ってやりました。


私も常用薬の国際線での取り扱いについては無知だったので

次回は処方箋に相当するものを持つか、薬をチェックインバッグに

分散して持ち歩くかの対策をとらないといけないなと思いました。


今回は薬も全てバッグに入ったまま引き取れましたが、

その検査官は「ネクストタイム」と言いましたが、その意味は

よく分からず、薬の事なのか、友達の事なのか解せませんでした。


ana020214 (2)

機内食はポークか洋食の魚の料理が選べたので、魚の料理を

選びました。



ロリポップの手入れについて:


日本に居るのですが、ロリポップの手入れのニュースを見ました。

1月30日の深夜、昨年11月にあったOPPAの手入れと同じような

状況で手入れがあった模様です(マルガリータステーション)

OPPAの手入れ時の状況:
http://angelesbargirls.blog41.fc2.com/blog-entry-1626.html


お客さんは逮捕されることはなく、ダンサー、キャッシュアー等

従業員が乗せられたジープとは別に、二名の外国人が

マッカーサーハイウェイ側から入ってきたSUVで参考人として

招致されたとあります。


一晩拘置されたものの従業員は翌日釈放され、店も2月1日には

営業を開始した模様です。






にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
↑↑↑↑↑ここをクリックしていただけるとランキングが上がります。
にほんブログ村        いつもクリックしていただきありがとうございます。
にほんブログ村 大人の生活ブログへ
にほんブログ村
団塊世代 夢と希望
人気ブログランキングへ

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : フィリピン
ジャンル : 海外情報

tag : マニラ 空港 NAIA3 最終 荷物検査場 奇妙な 出来事 友達

コメントの投稿

非公開コメント

No title

ワリスティンティンさん

お久しぶりです。こんばんわ。

空港での出来事、災難ですね。

私もNAIA3で、一度、薬でひっかかった事が有ります。
私の場合は、常備薬ではなく別目的の薬でしたが、やはり処方箋を見せろと言われました。
勿論、そのような物は持っていませんので、薬を放棄するように言いましたが、聞き入れられず、別室で書類を作成するように言われました。
勿論、このような事に付き合っていたら、飛行機に乗り遅れてしまうので、予定通りのフライトに乗り帰国しなければならない事を係員に訴えます。
しばらく、その場で「薬の処方箋が必要な事を知らなかった」「次回から注意するので今回は、大目に見てくれ」などの押し問答をしました。
その内に、袖の下を払うべきなのかと考え始めましたが、しばらく後に放免となりました。

NAIA3は、1や2と比べて、係員の質は良い様に感じるのですが、やはりフィリピンで有る事を頭の隅に置いておかなければならないですね。

でも私は、ワリスティンティンが最後に言った「貴方の名前は覚えたので永久に忘れません」の言葉は言えませんでした。
ただただ、平謝りの状態でした。笑い......

No title

JUNさん

こんにちわ。
私以上に大変な思いをされましたね。

NAIA3の問題はまだ基本的に海外渡航者の数が少ないので
検査官がいろいろと考える時間がたくさんありすぎる、要するに
忙しくない事がこうしたことが起こる背景にあるのではないかと
思っています。

忙しいと個々にこんなに長い時間一人に関わってはいられないのでは
ないかと思います・・・笑

友達であれば名前を覚えるのは普通なので、私の名前は何だと
訊かれる度に正確に答えてやりましたが、DOTの知っている高官の
名前をこんなことで使っても仕方がないと思い言うのは止めました。

手持ちの品で難癖をつけられないようにお互いに気をつけましょう。
でも、こういうのって外国人へのハラスメントですよね。
プロフィール

ワリスティンティン

Author:ワリスティンティン
在比16年。フィリピン・アンヘレス・バリバゴの情報を提供しています。 ワリスティンティンはフィリピンのどこの家庭でも使われている椰子の葉の芯を束ねた箒で安価で役立ちます。アンヘレスには9年となりました。

広告スペース 200X200
新着記事(下のプルダウンでカテゴリーが選べます)
打ち上げ花火をあげられる四季の風景時計
最新記事
最新コメント
カテゴリ
Advertising Spase 200X200
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
鯉と金魚にエサをあげられます

クリックでエサをあげられます

FC2カウンター
最新記事
ホットエアーバルーン

マウスで移動・つぶやき拡大します

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
海外情報
17位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
アジア
9位
アクセスランキングを見る>>
リンク
月別アーカイブ
More fun Philippines
Tourist guide more fun
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
検索フォーム
四季の花

毎日の花色と四季の景色変わります

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック