fc2ブログ

プーケットの宿 ナイヤンコテージ


プーケット空港のイミグレーションを出て到着ロビーまで

歩いていくと旗を持ったツアーコンダクターに先導された

中国の団体客と見られる列が何組も通路を殆ど塞いで

いるような感じになっていました。


ロビー内にある出迎えコーナーに目を通し、私の名前が

ない事を確認した上で、到着ロビーを出ました。

日付は既に変っていました。


宿の手配の車は待っていてくれるのだろうかと思いながら

仕切られたフェンスの上に並ぶ出迎えカードの中に

ホテルと名前が書かれたものがあるかどうか探しました。


一通り見たもののそれらしきカードを掲げた人が見つからず

それでは自力で宿まで行こうと空港の一番端にあった

メータータクシーと書いてある窓口に試しに宿までいくらで

行くのか訊いて見ました。


その窓口には「メーター + THB100」と書かれていて、

担当の女性が計算機で見せてくれた金額はTHB250

でした。手数料がTHB100?


メータータクシーなのに宿手配の車よりも 高い


もう一度、出迎えカードを探しながら反対側の端まで

ゆっくり歩いていくと、出口付近で待っている大勢の

タクシー手配士が何処まで行くと訊いてきます。


通常はあまり相手にしないのですが、出迎えの

運転手が見つからないので、その内の一人に

宿の名前を言ってみました。


するとTHB300という返事なので、そのまま歩いていくと

幾らだったらいいと言うので、宿手配の金額THB200を

言って見ました。


すると、その値段で行くというので別な運転手に

引き合わされ車まで誘導されました。

車に乗車すると、運転手は直ぐには出発せず、

元の場所に戻っていきました。

おそらく手配士との話をつけにいったのでしょう。


運転手は走り始めてから、行き先は何処だというので

ナイヤンコテージを知らないの と大きな声で言うと

ナイアンビーチだろうといい、そのまま走りました。


予約票の住所にもナイアンビーチと書かれています。


運転手は灯りが集結した場所に入り、目的の名前を

探しましたが見当たらず、電話番号を訊いて来ました。


宿は出発直前に予約を入れ、予約票は印刷して

いなかったのでパソコンを開き、電話番号を

運転手に教えると、携帯電話で話をしながら元来た

道を少し戻る感じで引き返しました。


宿と直接話をしながら探すので、宿に着くのはそれ程

かかりませんでした。


受付で宿帳に記入していると一台の車が停車し、

中から出迎えカードをもった宿の人と見られる若い人が

受付に入って来ました。


彼は出口で2時間待っていたといいましたが、2回

通って見つからなかったのでいたし方ありません。


入国管理の審査官が研修生である事を知らないと

いけないので教えてあげました。

通過に1時間以上もかかった事も・・・、

待つ方も大変なので、それ以上の話をするのは

止めました。


Naiyang Cottage060914 (5)

案内してくれた部屋です。

床はきれいなタイル張りで、大きなベッド、壁には

エアコンと扇風機が並んで設置されています。

夜になると少し涼しくなるので、エアコンよりも扇風機の

方が役にたちました。


Naiyang Cottage060914 (6)

短期の滞在には十分な大きさで、シャワーには

イギリス製の電気温水器がついていました。


Naiyang Cottage060914 (7)

コンセントは日本のプラグがそのまま接続できます。

無料Wi-Fiのスピードは動画が見られ、問題ありませんでした。


naiyang cottage061014 (2)

翌朝撮った宿の全景です。


naiyang cottage061014 (1)

カーポートは自然の蔦を使った屋根になっていて、蝶が

飛んでくるのが窓から見えました。


プロモで2日料金THB1,400でマニラへの帰路便搭乗時刻が

遅いので半日分を追加して時間を延長してもらいました。

規則に縛られた大きなホテルと比較してこの規模の

宿は交渉が出来るので気が楽です。





にほんブログ村 大人の生活ブログへ
↑↑↑↑↑ここをクリックしていただけるとランキングが上がります。
にほんブログ村        いつもクリックしていただきありがとうございます。
にほんブログ村 大人の生活ブログへ
にほんブログ村
団塊世代 夢と希望
人気ブログランキングへ

関連記事
スポンサーサイト



テーマ : タイ・プーケット
ジャンル : 海外情報

tag : プーケット宿ナイヤンコテージ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ワリスティンティン

Author:ワリスティンティン
在比22年。フィリピン・アンヘレス・バリバゴの情報を提供しています。 ワリスティンティンはフィリピンのどこの家庭でも使われている椰子の葉の芯を束ねた箒で安価で役立ちます。アンヘレスには15年となりました。

広告スペース
最新記事
最新コメント
カテゴリ
Advertising Spase 200X200
カレンダー
04 | 2024/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
月別アーカイブ
FC2カウンター
最新記事
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
海外情報
97位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
アジア
38位
アクセスランキングを見る>>
リンク
月別アーカイブ
More fun Philippines
Tourist guide more fun
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
検索フォーム
最新トラックバック