fc2ブログ

キリストの苦行、はりつけの儀式に女性が・・・



サンフェルナンドのCutudでは例年のように

グッドフライデーの昨日、キリスト苦行を再現する

儀式が行なわれたようです(ABS-CBN)


20150403-cutud-crucifixion-mc (1)


female penitent (1)

サンフェルナンドより南、ブラカンのパオンボンでは

44才の女性はりつけ儀式に参加したと報道

されました(ロイター)


カトリック信者でないと、この儀式に参加することの

意味が分らないのではないかと思います。






にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
↑↑↑↑↑ここをクリックしていただけるとランキングが上がります。
にほんブログ村        いつもクリックしていただきありがとうございます。
にほんブログ村 大人の生活ブログへ
にほんブログ村
団塊世代 夢と希望
人気ブログランキングへ


style="display:inline-block;width:320px;height:100px"
data-ad-client="ca-pub-2947924480826564"
data-ad-slot="5667087647">

関連記事
スポンサーサイト



テーマ : フィリピン
ジャンル : 海外情報

tag : キリスト苦行はりつけ儀式女性

コメントの投稿

非公開コメント

日々の努力が大切

このイベントはまったく理解できないです。

自分の体を傷つけてこんな痛いことができるんだったら、自分の生活のために毎日一生懸命働けよと心から思います。

No title

世界の町へさん、


宗教に帰依する生活はなかなか日本人には理解するのが難しいと
思います。

この儀式は三寸釘を手に刺すのですから身の毛がよだちます。

フィリピンの人が日曜日に教会に行き、信仰上の表に出ない繋がりで
ビジネスを進めていることもあるので、なかなか我々には見えない世界も
あるのだと思います。

中近東に半年程仕事で滞在した時に、台所で働くコックとサブコックが
一緒に働いていて、サブコックの方が宗教上の位が上でハッジと呼ばれて
いて、コックが仕事をやりずらかったようで、コックは現地の酒を昼間から
飲んでいました(そのせいではなかったかもしれませんが・・・笑)

表と裏の世界があるのだな~と思いました。
プロフィール

ワリスティンティン

Author:ワリスティンティン
在比22年。フィリピン・アンヘレス・バリバゴの情報を提供しています。 ワリスティンティンはフィリピンのどこの家庭でも使われている椰子の葉の芯を束ねた箒で安価で役立ちます。アンヘレスには15年となりました。

広告スペース
最新記事
最新コメント
カテゴリ
Advertising Spase 200X200
カレンダー
04 | 2024/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
月別アーカイブ
FC2カウンター
最新記事
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
海外情報
97位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
アジア
38位
アクセスランキングを見る>>
リンク
月別アーカイブ
More fun Philippines
Tourist guide more fun
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
検索フォーム
最新トラックバック