意外なショーを見てしまったセブの小さなバー


ガイサノ・マクタンを出て、近くのバーに入ってみようと

思ったのですがブラブラ歩いてきた通りにはそれらしき

バーの看板が見えませんでした。


なので、あまり行ったことのないマンダウエに行ってみようと

思い、タクシーを停めようとしたのですが、ラッシュアワーの

時刻ということもあってか、過ぎていくタクシーがなかなか

停まってくれません。


やっと停まったタクシーも私が「マンダウエ」と言うと、「遠い」と

言って、走り去りました。


体の小さめな男が「タクシーか?」と訊いてきたので、

自力でタクシーを停めるのは難しいと判断し、まかせて

みることにしました。


男は道の真ん中辺りまで出て行って何台かのタクシーに

停まるように合図しますが、一向に停まる様子がありません。


暫らくそのまま待っていると、やっと客を探している様子で

運転してきたタクシーが停まり、マンダウエと言っても

嫌がらなかったので、やっとタクシーに乗ることができました。


タクシーを停めた男には20ペソ渡しましたが、何もせず

客がタクシーに乗り込んだ後で、5ペソをねだってくる

子供には教育上良くないのであげないようにしていますが、

走ってくるタクシーに体を張ってタクシーを停める、仕事を

している人には少し多めに渡します・・・笑


タクシーの運転手は値段の交渉もせず、メーターで

走り始めました。


道は渋滞していて、道すがら運転手を話をしていると

どこから来たかというようなおきまりの会話の中で、

パンパンガに住んでいるというと、運転手は「私は

パンパンガ出身で以前はバスの運転手をしていたが

親戚がセブに居るので今はもう一年くらいタクシーの

運転手をしている」というような話をしていました。


道は相変わらず渋滞していて、マンダウエからマクタン

戻る時にもタクシーを停めるのは難しいのではないかと

思い、「もし、この車をハイヤーしたらいくらくらい?」と

訊いてみると、時間で200ペソだと言いました。


不慣れな地域でタクシーをこれ以上待つのは嫌だったので

このタクシーと契約する事にして、バーのあるマンゴー通り

に向いました。


マンゴー通りにあるバーは特に行きたいと思っていた訳では

ないのですが、この地域のバーはどんな感じなのだろうかと

いう好奇心からで、中を覗いてみたいと思ったからでした。


nrt-ceb041415n (4)

何店かバーがある内の「ラブ・・・」とかネオンを大きく掲げた

バーに取りあえず入ってみると、ステージには誰も居ないので

訊いてみると、営業は午後8時からだという話で、時計を

見るとまだ午後7時半を少し回った時刻でした。


かといって店が営業を始めるまで待つつもりもなく、

タクシーが待っているので、タクシーの運転手が

道すがら言っていたマクタンの小さめなバーに

行くことにしました。


ブラブラと自力で歩いて行った時にはそれらしきバーは

目に入ってこなかったので、どの辺りにあるのかも興味が

ありました。


渋滞する街中をタクシーは大橋を渡り、マクタンに戻りました。

帰りがけら運転手は気を利かせてアリーナの前も

通ったのですが、あまり大きなバー、クラブには興味がないと

言ってあったので、素通りしました。



運転手はマクタンに戻ると小さめなバーが何件かある道に

出ました。


nrt-ceb041415n (5)

辺りが暗い中でもこのスーパーメトロのモールは目印に

なるなと思いました。


運転手はバーが点在する丁度中間の場所で降ろしてくれ、

待っていようかと言われたものの、待たれてはゆっくりできない

と思い、トライクでもホテルに帰れる距離と判断して、

少し多めにタクシー代を払いました。今回はツアーガイド代

として考えました。


そのバーが立ち並ぶ通りで、既に呼び込みをしているバーに

入ってみると、店内は真っ暗、何も見えません。


この暗い中で何があるのだろうかと逆に思い、ビールを

一杯飲むつもりで案内されたステージ横のテーブルに

着きました。


席に着くなり、ある程度経験を積んだと見られる女の娘が

すぐさまやってきて隣の椅子に座りました。


普通の客はこのような場合、女の娘に飲み物を一杯

あげるのがマナー?のようですが、私の場合は指名していない

女の娘に勝手に座られると自動的に飲み物をあげる

ことをしない「一寸へそ曲がり」のところがあります。


アンヘレスで身に付いたサバイバル術の一つです・・・笑


その席に付いた女の娘はいろいろと話しかけてきましたが、

あまり興味がないので、いい加減に聞いていて、ふと

ステージの方を見るとステージの袖にかかったカーテンが

少し開いていて、そのの方で若い女性が石鹸で体を

洗っているところが垣間見えました。


カーテンはそれ程大きく開いているわけではないので

座っている椅子を少しずらすとその様子がよく見えました。


女性は体を洗っているので何も着ていませんが、両手で

石鹸を泡立てて首すじから胸、足先までくまなくせっせと

洗っています。


ここでやっと状況が分りました。


店はまだ開店前で、その女性は店が開く前にステージの

後ろにある洗い場で店に出る準備をしていたのだと

思います。


これは本当に偶然の出来事で、たまたま座った場所が

その様子が見える角度だったので見えただけで、

店がそれを意図してやっている訳ではないことは

明々白々でした。


この記事を読んでそのバーに入ったとしても再現性が

疑わしいので、これ以上は書きませんが、何とも

偶然とはいえ、ラッキーな出来事でした。


ただで見てしまったので、その娘の名前を聞くために

呼んでもらって何も言わずにチップをあげましたが、

比較的若いグラマーな娘でした。


この後もその近辺のバーで外国人が入っていくのが

見えたバーに入りましたが、バーの娘は一人づつ

ステージに上がり交代で踊り、マニラやアンヘレスでは

ビール2本セットがこのシステムでは普通

なのですが、ここでは一本で安く飲めるシステムと

いうことが分りました。


中には働き始めてまだ2週間という娘もいて、なかなか

深いマクタンの小さめのバーでした。


以前知っていた名前のKTV等も訊いてみると、今は

営業していないというところもあり、ここセブでも

取締りが強化されているのだなという印象を

持ちました。


帰りはガードマンがタクシーを何とか停めてくれたので

トライクには乗らなくて済みました。


翌朝早いフライトだったので、この日は早めにホテルに

戻り、休みました。






にほんブログ村 大人の生活ブログへ
にほんブログ村
↑↑↑↑↑ここをクリックしていただけるとランキングが上がります。
にほんブログ村        いつもクリックしていただきありがとうございます。
にほんブログ村 大人の生活ブログへ
にほんブログ村
団塊世代 夢と希望
人気ブログランキングへ


style="display:inline-block;width:320px;height:100px"
data-ad-client="ca-pub-2947924480826564"
data-ad-slot="5667087647">

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : フィリピン
ジャンル : 海外情報

tag : 意外 ショー 見て セブ 小さな バー 好奇心 深い マクタン

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

ワリスティンティン

Author:ワリスティンティン
在比16年。フィリピン・アンヘレス・バリバゴの情報を提供しています。 ワリスティンティンはフィリピンのどこの家庭でも使われている椰子の葉の芯を束ねた箒で安価で役立ちます。アンヘレスには9年となりました。

広告スペース 200X200
新着記事(下のプルダウンでカテゴリーが選べます)
打ち上げ花火をあげられる四季の風景時計
最新記事
最新コメント
カテゴリ
Advertising Spase 200X200
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
鯉と金魚にエサをあげられます

クリックでエサをあげられます

FC2カウンター
最新記事
ホットエアーバルーン

マウスで移動・つぶやき拡大します

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
海外情報
16位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
アジア
9位
アクセスランキングを見る>>
リンク
月別アーカイブ
More fun Philippines
Tourist guide more fun
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
検索フォーム
四季の花

毎日の花色と四季の景色変わります

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック