マニラ便で起こった思い込みによるダブルトラブル


昨日、マニラに戻るために午前6時過ぎに自宅を出ました。

家を出る直前までまだ暗くシャワーを浴びている間に明るく

なったようです。


前日、まだ終わっていなかった3ヶ月間の郵便物の

整理をしていたら、朝方5時くらいまでかかってしまい、

30分程度横になって休んだものの、頭は少し朦朧として

いました。


家を出ると足は自然と成田に向かいました。


ウェブチェックインは前日済ませておいたのですが、夜中に

プリンターの音で家人に迷惑をかけないように搭乗券を

印刷するのは見合わせました。


預入れ荷物があるのでどうせその時に正規のものを

印刷して渡してくれると思ったこともあります。


成田空港駅では寝不足で頭が働いていなかったので

自動的にターミナル2で下車しました。


改札を抜けてエスカレーターで出発ロビーに上がり

ANAのチェックインカウンターを探した時、 ハッ と気がつき、

ANAはターミナル1を使っているのを思い出しました。


マニラから成田に戻った時にはターミナル1でした。


フライト掲示板には朝のほぼ同時刻にマニラ行きが

表示されていましたが便名が違いました。


これは急いでターミナル1に行かなければと思い、

眠気が覚めました。


乗ってきた電車のホームまで急ぎ足で戻りました。


ターミナル1はあまり使い慣れていないので、シャトル等

他の移動手段を考える余裕がありませんでした。


ホームでイライラしながら特急電車が来るのを10分程

待ち、ターミナル1駅で下車して小走りにANAのチェックイン

カウンター前に待機している従業員の方に、「ウェブチェックインは

済ませてある」というと、空いているカウンターを案内して

くれました。


カウンターでパスポートと印刷してあった航空券を見せると

カウンターの女性は航空券をじっくりと見てから、

「ご出発は羽田です」 と言いました。


エッ、羽田!


航空券をインターネットで買うときにマニラ⇔東京往復と

入力してチケットを買ったので私の中では確認するまでもなく

マニラから到着した成田からの出発だと思い込んでいました。


受付の女性は「一寸お待ちいただけますか」と言って、

奥の方に行き、対応を相談しているようでした。


待っている間、フライト掲示板を見るとほぼ同時刻に

ANAのマニラ行きの表示がありましたが、便名が違います。


このとき既に出発時刻まで約1時間程度になっていました。


対応を検討していたカウンターの女性は「これから羽田に

行っても間に合わないですし、¥6,200で夕方成田から出発する

便に変更ができます」と言いました。


こうなってはもうまな板の鯉、同意してフライトを夕方に変更して

もらうしか方法がありませんでした。


航空券を変更するカウンターに行き、新たに航空券を作ってもらい

クレジットカードで支払いをしました。

(税金は別途¥40がかかります)


夕方の出発便までまだ7時間半もありました。


tyo-mnl120615 (1)

その後、ゆっくりと朝食を食べ、出発ロビー近くの空いている椅子で

仮眠をとった後・・・、


tyo-mnl120615 (5)

また食べた昼食です。エビアボガドのトマトソースは

¥1,000で¥250追加でコーヒーが付きます。

エビが丁度いい柔らかさで美味しかったです。


その後、落ち着いてからフライト掲示板を見るとANAの

マニラ行きターミナル2と表示されているのに気がつきました。


以前は同時刻にマニラに出発する便は一便程度しか

なかったと思いますが、今は羽田1便、成田ターミナル1、

ターミナル2から其々出発する便があるのかと愕きました。


そうすると・・・、最初にターミナル2に間違って行った時には

まだ時間が十分あり、ターミナル2発の便に空きがあれば

午前中に飛べたかもしれないと架空の可能性を思いつきました

・・・笑。


今後は航空券は印刷後、穴があく程よく見ることにします。


因みに最初に買った航空券の表示は:

1)MANILA

TOKYO(NARITA)

2)TOKYO(NARITA)

SURFACE

TOKYO(HANEDA)

3)TOKYO(HANEDA)

MANILA

というNARITAからHANEDAに陸上移動の一行が入れてありました。


表示がNARITA(TOKYO)、HANEDA(TOKYO)となっていたら、もしかしたら

早めに気がついたかもしれません。


tyo-mnl120615 (10)

成田空港で見たハローキティーをデザインした旅客機、

マニラではハローキティーをデザインしたスポーツカーが

エドサを走っているのを見たことがあります。


tyo-mnl120615 (11)

4発のターボジェットエンジンを装備したアラビア語が書かれた

巨大な旅客機です。





にほんブログ村 大人の生活ブログへ
にほんブログ村
↑↑↑↑↑ここをクリックしていただけるとランキングが上がります。
にほんブログ村        いつもクリックしていただきありがとうございます。
にほんブログ村 大人の生活ブログへ
にほんブログ村
団塊世代 夢と希望
人気ブログランキングへ


style="display:inline-block;width:320px;height:100px"
data-ad-client="ca-pub-2947924480826564"
data-ad-slot="5667087647">

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : フィリピン
ジャンル : 海外情報

tag : マニラ便 起こった 思い込み ダブル トラブル ハッ

コメントの投稿

非公開コメント

成田と羽田

成田が東京になっているから、ややこしいですね。
関西のように関西国際空港と大阪国際空港と区別すれば良いです。

安い変更料で済んで良かったですね。

No title

世界の町へさん、

本当に変更料だけで済んで良かったです。

No title

私も4月にバンコクに行く際のANAで全く同じ事をしました…同時刻発の便が成田・羽田ともにあり勘違いして
成田についてカウンターで指摘されました。
90分しか余裕がなく、タクシーで25,000円払いギリギリで乗り『場合によっては荷物が別便になる可能性がある』との事でした。荷物も間に合いましたが、タクシーの運転手曰く『年に数人が同じ事をする。タクシーはメーターだけど規定があるから今は25,000円』と言ってました。
東京じゃないのに、予約時に東京となっているのが間違いの元なのかと、責任転嫁してみますwww

No title

初アンヘレス訪問の時。
行き 伊丹→羽田→マニラ
往復で買ったので、帰りは行きの逆と思っていました。
でも マニラ→羽田→関空 でした。

思い込んでおりましたから、確認致しませんでした。
帰りだったから良かったですが、行きだったら泣いていたことでしょう。

思い込みって、恐ろしいですね(笑)

No title

kuroさん、

間違ったのが私だけではなくてホッとしました・・・笑

インターネット予約の時に出発が東京(成田、羽田)となっていて、
予約後、注意して見ないと成田か羽田か記憶に残らないのはやはり
システムを見直ししないといけないのではないかと思えます。

成田も羽田も今や世界的に東京と言わなくても有名となっているので
東京と入れるのであれば(東京)程度でいいのではないかと思います。

しかし、25,000円のタクシー代は安くはないですね。

No title

大阪人さん、

人間はある程度自分で予測して行動するので、無駄を省くことが多いのでは
ないかと思いますが、予測して確認しないと大きな無駄を招くことになるとは
この事件で分かりました・・・笑

フィリピンではトライク、車等で行きと帰りでルートが違うことが多くあり、
慣れていますが、日本では往復同じルートと言うのが定着しているので
間違いやすいですね。
プロフィール

ワリスティンティン

Author:ワリスティンティン
在比16年。フィリピン・アンヘレス・バリバゴの情報を提供しています。 ワリスティンティンはフィリピンのどこの家庭でも使われている椰子の葉の芯を束ねた箒で安価で役立ちます。アンヘレスには9年となりました。

広告スペース 200X200
新着記事(下のプルダウンでカテゴリーが選べます)
打ち上げ花火をあげられる四季の風景時計
最新記事
最新コメント
カテゴリ
Advertising Spase 200X200
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイブ
鯉と金魚にエサをあげられます

クリックでエサをあげられます

FC2カウンター
最新記事
ホットエアーバルーン

マウスで移動・つぶやき拡大します

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
海外情報
26位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
アジア
14位
アクセスランキングを見る>>
リンク
月別アーカイブ
More fun Philippines
Tourist guide more fun
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
検索フォーム
四季の花

毎日の花色と四季の景色変わります

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック