告別式の花入れ 誕生日の葬儀


母の告別式は昼前に始まりました。


ストーブの前で発見された時、首から胸にかけて

火傷が酷く、帰国当日の夕方、検案の為警察の

霊安室に収められた遺体を見た時には火傷をした

辺りは赤く変色し、親戚も葬儀前に会いたいという

希望があったのですが、そのままではあまりに醜い

ので、告別式当日まで葬儀社の霊安室に収められて

いました。


soushiki (19)

親戚や親しい友人は棺の開かれた顔の小窓から

まじまじと最後のお別れを惜しんでいましたが、私は

あまり長くは見ていられませんでした。


soushiki (20)

この日は 奇しくも 母が生きていれば丁度93才の

誕生日にあたり、葬儀社からバースデーケーキが準備されて

棺の横に置かれました。


誕生日という事は分かっていても、他の事に取り紛れて

ケーキの準備までは頭が回らなかったので、葬儀社の

心配りには感謝です。


この日の4日前に、臨月の姉の長男のお嫁さんが、出産

予定日はまだ月の後半なのに、破水し病院に運びこまれた

と聞きました。


姉もこんな時に何故という気持ちだったようですが、忙しく

病院に駆けつけました。


赤ちゃんはそのまま無事出生し、告別式3日前の誕生日

なりました。女の娘でした。


今回の母の急逝では、私がまだフィリピンに居て早朝

母の危篤を知り、インターネットで帰国便を手配している時に

短かい時間でしたが停電があり、何か虫の知らせがあった

ような気がしました。


後で死亡時刻を検証してみると、この停電の時刻と符号して

いたのには、背中が寒くなる思いでした。


告別式の前にも、家が好きだった母は遺体が見苦しかった

為、葬儀社の薦めもあり、葬儀社の霊安室に納められて

いたのですが、葬儀の前の準備やら家族で食事に行く時など

どういう訳か、一日に何度もその葬儀社の前を通る事が

多かったのは霊安室から母が呼んでいるのではないかと

家族で話をしました。


soushiki (21)

住職の読経の後、祭壇の花を摘み取り棺に花入れ

家族、会葬者で行いました。


soushiki (22)

花は棺から溢れ出るほどでした。

最後のお別れです。


soushiki (24)

棺の蓋が被せられ、出棺の準備が整いました。






にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村
↑↑↑↑↑ここをクリックしていただけるとランキングが上がります。
にほんブログ村        いつもクリックしていただきありがとうございます。
にほんブログ村 大人の生活ブログへ
にほんブログ村
団塊世代 夢と希望
人気ブログランキングへ
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 私事
ジャンル : その他

tag : 告別式 花入れ 誕生日 葬儀 奇しくも

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ワリスティンティン

Author:ワリスティンティン
在比16年。フィリピン・アンヘレス・バリバゴの情報を提供しています。 ワリスティンティンはフィリピンのどこの家庭でも使われている椰子の葉の芯を束ねた箒で安価で役立ちます。アンヘレスには9年となりました。

広告スペース 200X200
新着記事(下のプルダウンでカテゴリーが選べます)
打ち上げ花火をあげられる四季の風景時計
最新記事
最新コメント
カテゴリ
Advertising Spase 200X200
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別アーカイブ
鯉と金魚にエサをあげられます

クリックでエサをあげられます

FC2カウンター
最新記事
ホットエアーバルーン

マウスで移動・つぶやき拡大します

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
海外情報
14位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
アジア
7位
アクセスランキングを見る>>
リンク
月別アーカイブ
More fun Philippines
Tourist guide more fun
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
検索フォーム
四季の花

毎日の花色と四季の景色変わります

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック