ダウからの深夜バスで出発本数が一番多いのはソリッドノース 一時帰国時の不覚


また一時帰国ですが、今回もマニラ発成田行きのセブパシ早朝便を

使いました。


今回は丁度、諸聖人の日の出発だったので、ダウバスターミナルから

マニラに行くバスは混雑しているという事を念頭には入れてあったのですが、

かなり早めにアパートを出るつもりだったのに、出発前に始めたややこしい

仕事に手間取り、気がつくと時刻が深夜12時になってしまっていました。


急いで、準備してあった一時帰国時のバッグを持ってダウバスターミナルに

向かいました。


dau-mnl110216 (1)

ダウバスターミナルには結構な数のバスが並んでいたので

この分ではそれ程苦労しないでクバオまでは行けるものと

思っていました。


バスは使用している車輌が中国製ではあるものの、比較的新しい

ものを使っているソリッドノース、ダグパンバス、反対側の駐車場に

停車しているヴィクトリーライナーが多く停車していましたが、

名の知れぬ見るからに古い年式のバスも停車していて、

中には後ろのエンジンルームを開けて、エンジンの点検を

している古いバスまで様々でした。


空席待ちをしていると、ソリッドノースのバスは続々と停車場に

やってきて、その度に車掌に空席はあるかと問合せしたものの

手を横に振り、空席が無い事をジェスチャーで示しました。


ソリッドノースはパンガシナンから乗客を満載してマニラに

向かい、ダウでトイレ休憩をするので、ここで降りる人が居ない

限り空席はありません。


その場所で待つこと約1時間近く、次々とやってくるバスに

空席を探す人も新たに着いたバスの入口まで行くものの

諦めてまた次のバスの到着を待つという状態でした。


一人の高齢の白人さんが小さめな旅行用ハードケースを

持ってバスを待っていましたが、顔には疲労と諦めの表情が

出ていて、近くのベンチに佇んでいました。


ソリッドノースのエアコンバスの並びに一台乗れそうな雰囲気の

バスが停まったので中に入ってみると、座席がベンチ型の

ノンエアコンバスだったので、一旦は中に入ったもののまた

外に出てきてしまいました。


マッカーサーハイウェイからダウのバス停まで行く時にクバオ行き

のバスを捕まえて、手を上げたのですが、運転手が手を横に振り、

空席が無い事を伝えてきたので、何時もの状況とは違うという

事は分かっていました。


到着台数がかなり多いソリッドノースの付近でずっと空席待ちを

しましたが、おそらく十数台のバスを見送ったと思います。


時刻を見るともう午前1時に近くなっていて、このままでは早朝の

セブパシフィックの出発時刻に間に合わなくなるのではという心配が

一瞬頭を過ぎりました。


その間、バス停の近くにはバンが停車していて、時々「マニラ、マニラ」

と呼び込みをしていました。


最悪は料金が一寸高いバンに乗らなくてはいけないのかと

思いながら、3~4台のクバオ行きが並んでいるバスの内、

話が分かりそうな車掌がいるバスで、その車掌に通路に

座っていいかどうか訊いてみました。


通常は駄目なのですが、この混雑する期間は立ち席も

あるので、試しに訊いてみたのです。


すると、暫らく考えてから「・・・あとで」と言ったので、これで

何とかなると思い、その場でバスの出発時刻になるまで

待ちました。


トイレ休憩から戻る人が居るので、最初から通路に座ると

通行の邪魔になるので、出発直前に座れる訳です。


時刻は午前1時をかなりまわっていました。


マニラに戻る時に荷物を入れる空のダッフルバッグを床に

置き、後ろの方の通路に座り、これで何とかマニラ空港には

間に合う時刻に着けると思い安心しました。


バスは出発し、NLEXのハイウェイに入ると順調に走り始め

ました。


暫らく足を抱えるようにして座っていると、何時もであれば

パスポートや財布等を体から離さない様に腰に着けて

いるウエストバッグを着けていない事に気がつきました。


その時、 顔から血の気が引きました。


マニラに経つ時にはあまり荷物がないので、荷物が

少ない事は念頭にあるのですが、ウエストバッグは一度

身に着けてしまうと、殆ど手で触ることもないので、意識の

内から抜けてしまうのですが、今回はその大事なバッグを

腰に巻かずにアパートを出てしまったのです。


急いでアパートを出たので、ダブルチェックする時間が

無かったのです。


そこで、冷静に考えて、マニラに行く途中で下車してアパートに

戻るか、クバオまで行き空港のカウンターまで行って

事情を説明して少しでも何とかなる方法を見つけるかという

事等を考えたのですが、パスポートが無ければ空港施設に

入る事さえできません。


暫らくすると、考えが纏まり、折角車掌と話をして乗せて貰った

ので、その好意を無にする事無く、クバオまで行き、取り敢えず

ダウに帰るという方法しかないと悟りました。


トンボ帰りのソリッドノースのバスにはあまりお客さんが

乗っていませんでしたが、次々とバスは発車しました。


空のバスでもマニラに戻るお客さんを乗せるために走らせて

いるという事は自然に分かりました。


dau-mnl110216 (2)

ダウに帰るバスの中で、このバスにはお客さんを使って

乗務員の質の向上を図っているのだなという事がよく

見てとれました。


自宅アパートには朝5時頃着き、往復約4時間の深夜バスの

旅に疲れて寝ることになりました。


この日の夜、また再出発です。




にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村
↑↑↑↑↑ここをクリックしていただけるとランキングが上がります。
にほんブログ村        いつもクリックしていただきありがとうございます。
にほんブログ村 大人の生活ブログへ
にほんブログ村
団塊世代 夢と希望
人気ブログランキングへ
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : フィリピン
ジャンル : 海外情報

tag : ダウ 深夜 バス 一番 出発 本数 多い ソリッドノース 一時帰国 不覚

コメントの投稿

非公開コメント

オールセインツデー

大変でしたね。
アンヘレスは中継地だから、混雑するとバスにはなかなか乗れませんね。
特にオールセインツデーなどの長期休暇前後は大変です。

No title

世界の町へさん、

以前、昼間の時間帯に立ち席でマニラに行った事がありますが、
監督官庁の目もあるでしょうから、出来るだけ床に座るように
交渉するようにしました。

パスポートを完全に忘れたのは今回が初めてですが、20年程前に
ヨーロッパに仕事で出張した時に、パスポートの更新が終わって、
古いパスポートを取り違えて成田に行ってしまい一緒に旅行する
上司に大迷惑をかけてしまった事があり、注意はしていました。

バッグごと忘れるのは年令のせいかもしれませんね。

私も

大統領選挙の翌日にダゥからクバオ行きに乗ろうとしましたが、悲惨でした。
10本以上見送った後に、何とか乗れました。

今年の夏に行った某国で、二度に渡り顔から血の気が引くような経験をしました。
何十回という旅行でも経験したことが無いことを二度までも行ってしまったことは、偶然とは思えませんでした。
最近は幼稚園児の如く、持ち物チェックをしております(^_^;)

No title

大阪人さん、

顔から血の気が引く思いとは、言葉では分かっても経験してみないと
実感として理解できませんでしたが、今回は言葉の意味が初めて
分かりました・・・笑
プロフィール

ワリスティンティン

Author:ワリスティンティン
在比16年。フィリピン・アンヘレス・バリバゴの情報を提供しています。 ワリスティンティンはフィリピンのどこの家庭でも使われている椰子の葉の芯を束ねた箒で安価で役立ちます。アンヘレスには9年となりました。

広告スペース 200X200
新着記事(下のプルダウンでカテゴリーが選べます)
打ち上げ花火をあげられる四季の風景時計
最新記事
最新コメント
カテゴリ
Advertising Spase 200X200
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
月別アーカイブ
鯉と金魚にエサをあげられます

クリックでエサをあげられます

FC2カウンター
最新記事
ホットエアーバルーン

マウスで移動・つぶやき拡大します

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
海外情報
27位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
アジア
13位
アクセスランキングを見る>>
リンク
月別アーカイブ
More fun Philippines
Tourist guide more fun
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
検索フォーム
四季の花

毎日の花色と四季の景色変わります

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック