第21回ホットエアーバルーンフィエスタ(熱気球)フィエスタ ヨーダバルーン


昨日の続きです。


21st hotair balloon fiesta (34)

やっと日の出です。


21st hotair balloon fiesta (37)

熱気球のバーナーのテストが始まりました。


21st hotair balloon fiesta (50)

スカイダイバーが上空から降りてきて、フィリピンの国旗を

流していますが、このフラッグにかかる力は相当なもので

イギリス人のスカイダイバーだそうです。


21st hotair balloon fiesta (44)

煙を引きながら降下してきたツインのダイバーは技術的に

かなり難しいのではないかと思われました。


21st hotair balloon fiesta (46)

分離するときにはこのような状態になりました。


21st hotair balloon fiesta (54)

空気を送ってバルーンが膨らみ始めました。


21st hotair balloon fiesta (61)

最初に立ち上がったバルーンはどこかで見た覚えのある

顔形でしたが、


21st hotair balloon fiesta (65)

完全に膨らむとヨーダでした。


21st hotair balloon fiesta (70)

スイスシャレーと、


21st hotair balloon fiesta (71)

SMのバルーンです。


全部で17基とアナウンスされました。


21st hotair balloon fiesta (76)

バーナーの火は豪快です。


21st hotair balloon fiesta (77)

かなりのバルーンが立ち上がりました。


21st hotair balloon fiesta (79)


21st hotair balloon fiesta (81)

一基一基準備が整うと飛び立って行きます。


21st hotair balloon fiesta (93)

コカ・コーラは初めての参加だそうです。


21st hotair balloon fiesta (101)


21st hotair balloon fiesta (102)

いつも参加のあるマエバシです。


21st hotair balloon fiesta (104)

ピエロも立ち上がりました。


21st hotair balloon fiesta (112)

大きな影を作ってくれていたスイスシャレーも飛び立って行きました。



21st hotair balloon fiesta (131)

最初に飛び立って行ったグループは弱い北風に乗って、遠くに去って

行きました。


21st hotair balloon fiesta (132)

このバルーンフェスティバルは競技となっていて、着地するX地点に

いかに近く着陸できるかによって競われ、パイロットはバルーン

高さを調整して思う方向に誘導する技術が問われるという事でした。



21st hotair balloon fiesta (136)

メルボルンのバルーンはまだ飛び立っていませんでしたが。

気温も上昇してきたので、そろそろ帰ることにします。


バルーンはバーナーで温められた暖かい空気と周りの冷たい空気との

温度差で上昇するので、フィリピンでは朝方か夕方に飛行をするという

説明もありました。


21st hotair balloon fiesta (140)


21st hotair balloon fiesta (139)

帰路は入場した時とは違う場所になっていて、案内に従って

ハイウェイに出ます。


21st hotair balloon fiesta (142)

ハイウェイを渡った反対側でチェックポイント行きのジープを

待ち、乗り込みます。

このジープは満員になってしまったので、次のジープに乗り

チェックポイントのジープステーションまで帰りました。

帰りは10ペソでした。


日曜日まで開催です。




にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村
↑↑↑↑↑ここをクリックしていただけるとランキングが上がります。
にほんブログ村        いつもクリックしていただきありがとうございます。
にほんブログ村 大人の生活ブログへ
にほんブログ村
団塊世代 夢と希望
人気ブログランキングへ
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : フィリピン
ジャンル : 海外情報

tag : 第21回 ホットエアー バルーン フィエスタ 熱気球 ヨーダ

コメントの投稿

非公開コメント

バルーンフェスタ

バルーンも観客も多いですね。
いつも遠くからバルーンを見ていました。
コーラのバルーンでも大丈夫なんですね。

No title

はじめてコメントさせていただきます。
来月、はじめてアンヘレスに行くのですが
ほとんどのバーの閉店時間は遅くとも4時
ドールハウスは24時間営業でしょうか。
深夜1時着ですのでその点だけが不安です。
お忙しいところ恐れ入りますが、お時間あるときにでも
御教授下さい。よろしくお願いします。

No title

NORIさん、

日本への帰国便のチェックは日本出発時航空会社が
していますので、フィリピンのイミグレーションで
必要な場合はフィリピンへの入国時に提示を求められる
だけです。

その他の情報につきましては幣ブログ、ビザ更新カテゴリーを
ご参照ください

No title

ポチさん、

お問い合わせありがとうございます。
幣ブログはお問合せにお答えする掲示板ではございませんので、
必要がございましたら幣ブログ右下にリンクがございます
会員制アンヘレス生活ウェブ相談所からお問合せ
願えれば幸いです(会員制ですが)

ドールハウスは現在は24時間営業していません。

No title

Seiji さん、

ホットエアーバルーンのデザインはかなり柔軟に
できるようです。
以前はタコデザインも飛んでいました。

クラーク空港のフライトが増便になっているので
今年あたりで終わりという気配もありましたが、
このオムニアヴィエーションでの開催なら今後も
続きそうです。

観客

初めまして
バルーン見学者は、バルーンが上がると帰られるのが多いですね
今回、初めて飛行機で展示飛行しました
プログラムは参考程度でしかありません
フライトプランを提出してても何回もキャンセルですから

さて 来年は開催されるかは?です
主催者はやめたいそうです
中心で準備してるのは アメリカ人 イギリス人が多く関わっています
MAEBASHIは日本からの参加チームです
お金を払ってるのかな? バルーンに一般人を乗っけて飛んで行ってました

もし来年も開催されるなら 参加する予定です  飛行機も見ていってくださいね

No title

バルーン参加者さん、

コメントありがとうございます。

バルーンフィエスタに参加された方からコメントをいただいたのは
初めてです。

クラーク空港のフライト増便により、事前の情報ではクラークでの
開催は今年限りかという見方もありましたが、場内アナウンスで
この歴史あるフェスティバルは続けていきたいという声明もあり、
このオムニ飛行場の開催であれば今後も続くのではないかと
個人低には思っております。

来年は飛行機のフライトも見てきたいと思います。
開催されればですが・・・、
プロフィール

ワリスティンティン

Author:ワリスティンティン
在比16年。フィリピン・アンヘレス・バリバゴの情報を提供しています。 ワリスティンティンはフィリピンのどこの家庭でも使われている椰子の葉の芯を束ねた箒で安価で役立ちます。アンヘレスには9年となりました。

広告スペース 200X200
新着記事(下のプルダウンでカテゴリーが選べます)
打ち上げ花火をあげられる四季の風景時計
最新記事
最新コメント
カテゴリ
Advertising Spase 200X200
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
鯉と金魚にエサをあげられます

クリックでエサをあげられます

FC2カウンター
最新記事
ホットエアーバルーン

マウスで移動・つぶやき拡大します

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
海外情報
26位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
アジア
16位
アクセスランキングを見る>>
リンク
月別アーカイブ
More fun Philippines
Tourist guide more fun
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
検索フォーム
四季の花

毎日の花色と四季の景色変わります

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック