FC2ブログ

フィリピンでの子供保護の感覚


日本ではここのところ大桃珠生さん女児死体遺棄、損壊

事件容疑者逮捕の報道が続いていますが、フィリピンでの

子供拉致、誘拐への対応の感覚はどのようなものでしょうか。


SMクラークの施設の中で、一度トイレに行っている間に

幼児を見ていてくれるように言われ、丁度イベント広場で

ショーをやっていて、手摺に大勢の人が張り付いていたので

もう少し見易い場所を探そうとほんの数メートル子供から

離れたところ、トイレから戻ってきた母親から、子供

少しでも離すと誘拐の危険があるから離れないようにと

咎められた事があります。


以前、モールのトイレに入った男児を母親がトイレの

出口で待っていたところ、なかなか子供が出てこないので

騒ぎになり、トイレの中で男児が誘拐されていたという

事件があったそうです。


男児はトイレの中で汚い服に着替えさせられ、誘拐犯に

トイレの出口から連れ去られたそうですが、母親は男児の

服が汚い服に着替えさせられていたので、気が付かなかった

という事件のようです。


パブリックスクールの場合は小学生が集団で道を歩いて

帰宅するのをよく見ますが、プライベートスクールの場合は

殆どスクールバスでの送迎が一般的です。


プライベートスクールに通っている幼児は狙われやすいという

事もあるのかもしれません。


誘拐の危険は常にあるという認識がフィリピンでは必要という

事だと思います。


過日行われましたビキニオープン水着コンテスト撮影会より、


bikini open051218 (63)

GEMSショーガールズによるダンス、



にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村
↑↑↑↑↑ここをクリックしていただけるとランキングが上がります。
にほんブログ村        いつもクリックしていただきありがとうございます。
にほんブログ村 大人の生活ブログへ
にほんブログ村
団塊世代 夢と希望
人気ブログランキングへ
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : フィリピン
ジャンル : 海外情報

tag : フィリピン 子供 保護 感覚

コメントの投稿

非公開コメント

No title

誘拐は多いんですね。恐ろしい話ですが、誘拐された子供が臓器売買のドナーにされているとの話を耳にしたことがありますが、実態はどうなんでしょうか?

日本は、まだまだ誘拐は少ないですが、今回の新潟の場合、性的行為目的かどうかは明らかになっていませんが、性犯罪の場合、再犯率がとても高く、治療が難しいと聞きます。

財務次官のセクハラどうのこうのよりも、子どもへの被害を防ぐことの方が重要だと思います。

No title

八方塞がりさん、

臓器売買のドナーの話は恐ろしいですね。
子だくさんのフィリピンで児童が誘拐されるのはなかなか理解し難いところです。
フィリピンの警察は日本の警察のように一生懸命捜してくれないでしょうから
更に気をつけなければいけないのではないかと思います。

一方で放任されているようなストリートチルドレンがいるのも理解し難い
ところです。
プロフィール

ワリスティンティン

Author:ワリスティンティン
在比17年。フィリピン・アンヘレス・バリバゴの情報を提供しています。 ワリスティンティンはフィリピンのどこの家庭でも使われている椰子の葉の芯を束ねた箒で安価で役立ちます。アンヘレスには10年となりました。

広告スペース 200X200
新着記事(下のプルダウンでカテゴリーが選べます)
マニラ空港行きプレミアムP2Pバス クラーク発時刻表
premium p2p time table sm clark1117 (200)  クリックすると記事にリンクします。更に増便があります。
最新記事
最新コメント
カテゴリ
Advertising Spase 200X200
カレンダー
07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
月別アーカイブ
鯉と金魚にエサをあげられます

クリックでエサをあげられます

FC2カウンター
最新記事
ホットエアーバルーン

マウスで移動・つぶやき拡大します

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
海外情報
18位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
アジア
9位
アクセスランキングを見る>>
リンク
月別アーカイブ
More fun Philippines
Tourist guide more fun
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
検索フォーム
四季の花

毎日の花色と四季の景色変わります

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック