FC2ブログ

ネグロスオクシデンタルのバーで射殺された米国人は何故シライ市に行ったのか


ネグロスオクシデンタルの旅を始める前に、夏休みをとって

行く場所として選択したのですが、先週の火曜日に米国人(57才)が

バコロド空港のあるシライ市バーでビールを執拗にねだられ、

40才の男と18才の甥に頭に銃弾を撃ち込まれて亡くなるという

悲惨な事件が発生しました。


ビールを奢らなかっただけで逆恨みを買い、銃弾を撃ち込まれる

という事が本当に発生したのです。


事件が起こったのは丁度バランガイ選挙日の翌日で、選挙日は

飲酒も銃の所持も禁止されていたはずです。


亡くなられた米国人はウィスコンシン在住で、シライ市出身の

ヴィッキーさんと結婚していたのですが、子供に恵まれず、

シライ市の孤児(5才、ジェレミアと名付けられました)の

養子縁組をするための正式な手続きの為にシライ市に滞在して

いたという事です(デイリースター)


Eric Hendrickson-2018-05-17

(写真は犠牲になった米国人の姪がご本人の遺体を米国に移送する

為と5才のジェレミアの養子縁組の手続きを完了させるための資金

15,000米ドルの寄付を募るために設けられたキャンペーンサイトより)


5才のジェレミアは言葉の発達障害があり、亡くなった米国人の友達に

よれば言語障害の治療をする必要があると言っていたそうです。


私の旅の手配はこの事件の起こる約1週間前には済んでいたので、

偶然とは云え、この事件の詳細を知る事になりました。



にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村
↑↑↑↑↑ここをクリックしていただけるとランキングが上がります。
にほんブログ村        いつもクリックしていただきありがとうございます。
にほんブログ村 大人の生活ブログへ
にほんブログ村
団塊世代 夢と希望
人気ブログランキングへ
関連記事
スポンサーサイト



テーマ : フィリピン
ジャンル : 海外情報

tag : ネグロス オクシデンタル バー 射殺 米国人 何故 シライ市

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ワリスティンティン

Author:ワリスティンティン
在比20年。フィリピン・アンヘレス・バリバゴの情報を提供しています。 ワリスティンティンはフィリピンのどこの家庭でも使われている椰子の葉の芯を束ねた箒で安価で役立ちます。アンヘレスには13年となりました。

広告スペース
新着記事(下のプルダウンでカテゴリーが選べます)
最新記事
最新コメント
カテゴリ
Advertising Spase 200X200
カレンダー
04 | 2021/05 | 06
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
月別アーカイブ
FC2カウンター
最新記事
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
海外情報
23位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
アジア
9位
アクセスランキングを見る>>
リンク
月別アーカイブ
More fun Philippines
Tourist guide more fun
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
検索フォーム
最新トラックバック