FC2ブログ

IKEAに見る何でも自分でする文化とフィリピンの文化


IKEAに買い物に行って気がついたのは、店内には店員らしく

見える人は居ず、居ても商品のショールームでスタイリストの

ように商品が魅力的に見えるように展示に専念している

従業員ばかりでした。


商品の説明は商品タグに書かれていて、その説明を頼りに

商品を選び、そのタグに書かれた出口近くにある商品倉庫

から商品を台車に載せて支払いレジを通るようになっています。


支払いもカード支払いであれば、セルフで支払いするように

なっていて、あまり人は介在せずお客がすべて自分で商品を

選別し、自分の意志で商品を購入するという形になっています。


一方、フィリピンでは商品をよく見て商品の特性を理解しようと

商品の前で他の商品と比較していたりすると、店員がやってきて

あまり商品知識もないのに、自分の都合のいい商品を薦めたり

します。


この商品を買おうと既に決め、商品在庫があるかどうか確認

する為に店員を呼んだりすると、既に決めているにもかかわらず

他の商品を薦め始めたりする事があります。


既に購入を決めた商品の欠点を指摘して、強引に他の商品を

買わせるように誘導したりします。


スウェーデンにあるIKEAで働く人は商品特性を多国言語で

商品タグに書いて説明する事でお客さんに正確に商品を理解

してもらう事に特化しているものと思われます。


スウェーデンでは考え方が非常に合理的で、買った商品の

重量が重い場合でも、車までスムーズに運べるようによく考えて

システムを作っていると思います。


全て自分ですることが日常のスウェーデンと一寸した事でも

他の人に頼んでやってもらうフィリピン文化、特に

外国人の場合は他の人に頼まないと、お金持ちなのに

何故自分でやろうとするのだろうかという軋轢が生じる事が

多いと感じます。他の人に富を分け与えないケチと思われます。


どちらがいいのかは分かりませんが、この二つの国は大きな

文化の隔たりがあると実感します。


IKEA dinner 040219 (10)

IKEAのレストランで食べた食事、北欧名物のスモークサーモンと

ミートボール、ドロッとしたボトル入り果物のシェークです。

1,400円程度でした。



にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村
↑↑↑↑↑ここをクリックしていただけるとランキングが上がります。
にほんブログ村        いつもクリックしていただきありがとうございます。
にほんブログ村 大人の生活ブログへ
にほんブログ村
団塊世代 夢と希望
人気ブログランキングへ
関連記事
スポンサーサイト



テーマ : フィリピン
ジャンル : 海外情報

tag : IKEA 見る 何でも 自分 文化 フィリピン

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ワリスティンティン

Author:ワリスティンティン
在比20年。フィリピン・アンヘレス・バリバゴの情報を提供しています。 ワリスティンティンはフィリピンのどこの家庭でも使われている椰子の葉の芯を束ねた箒で安価で役立ちます。アンヘレスには13年となりました。

広告スペース
新着記事(下のプルダウンでカテゴリーが選べます)
最新記事
最新コメント
カテゴリ
Advertising Spase 200X200
カレンダー
03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイブ
FC2カウンター
最新記事
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
海外情報
19位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
アジア
7位
アクセスランキングを見る>>
リンク
月別アーカイブ
More fun Philippines
Tourist guide more fun
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
検索フォーム
最新トラックバック