FC2ブログ

フィリピンのハイウェイが混雑する理由の一つ、バランガイ同士の抜け道が無い


一昨日、ダウのターミナルに行く事があり、電動トライクで

行ったのですが、パーキングはシティーモールの地下にあり、

問題はなく、帰りに電動トライクなので出来るだけハイウェイ

通らず裏道を通ろうとダウのアパートが立ち並ぶ道を

マウンテンヴューに向かって走りました。


途中までは道もある程度舗装され、そこを右に曲がってゆけば

マウンテンヴューがすぐそこという場所まで来ました。


しかし、その方向に進むに従って道の舗装が無くなり、道に

立っている地元の人にマウンテンヴューに抜ける道があるかどうか

訊いたところ、手を横に振って道はないと言い、ダウのマクドまで

行けばいいと教えてくれました。


マッカーサー沿いのダウにあるマクドは知っているのですが、

マウンテンヴューに行くにはどうしてもハイウェイを反対側に

出てある程度の距離を走らなければならないので、そこを

避けるために裏道に出たのですが、なんとまた元来た道に

戻り、最終的にハイウェイを走ってマウンテンヴューの裏道に

入る入り口から戻りました。


恐らくその間20~30分はかかったと思いますが、図らずもダウの

アパート群が大きく広がっている事が分かりました。


昨日はマルキーモールから途中の場所に行くのに、メインの道路の

片道が工事中で閉鎖されていました。


その道からは目的地が近いので、正規の道を通ってその目的の

建物がすぐ見えるところまで行ったのですが、そこに道路工事の

影響で、大きく 侵入禁止のマークが・・・、


車の流れを見てバックしてゆけば何とか行ける距離でしたが、

いつもかなりの交通量がある迂回路になってしまっている道は

車の流れが止まらず、一方通行になってしまった道をバックで

戻るという事はとても出来ず、大きく左回りに設定された迂回路を

戻り、行く事にしたのですが、戻る道も渋滞していたので、途中で

抜け道になりそうな道を見つけて入ってゆくと、道が段々と

細くなり、出たところは最初の侵入禁止の場所に 戻ってしまい

ました。


なんとも複雑なフィリピンの道、


目的地に着いたのは約30分程経っていて、着ている服は汗で

びっしょり濡れていました。



にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村
↑↑↑↑↑ここをクリックしていただけるとランキングが上がります。
にほんブログ村        いつもクリックしていただきありがとうございます。
にほんブログ村 大人の生活ブログへ
にほんブログ村
団塊世代 夢と希望
人気ブログランキングへ
関連記事
スポンサーサイト



テーマ : フィリピン
ジャンル : 海外情報

tag : フィリピン ハイウェイ 混雑 理由 一つ バランガイ 同士 抜け道 無い

コメントの投稿

非公開コメント

No title

ビレッジなどもそうですね。抜けれれば近道なのに、入り口を一箇所にして、出入りの管理しやすさのみ追求してるのが多いです。
フィリピンの道は行き当たりばったりが多いので覚えるまでが大変です。zamboangaは最近一方通行が多くなり、かなり渋滞がひどくなっており同じように苦労しております。

No title

muboutさん、

バランガイは日本のシステムをフィリピンに定着させたものと
どこかで聞いた記憶がありますが、バランガイ単位でのセキューリティーを
確保するためには抜け道を作らないのも仕方がないかもしれません。
不便ですが・・・、
プロフィール

ワリスティンティン

Author:ワリスティンティン
在比20年。フィリピン・アンヘレス・バリバゴの情報を提供しています。 ワリスティンティンはフィリピンのどこの家庭でも使われている椰子の葉の芯を束ねた箒で安価で役立ちます。アンヘレスには13年となりました。

広告スペース
新着記事(下のプルダウンでカテゴリーが選べます)
最新記事
最新コメント
カテゴリ
Advertising Spase 200X200
カレンダー
03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイブ
FC2カウンター
最新記事
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
海外情報
19位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
アジア
7位
アクセスランキングを見る>>
リンク
月別アーカイブ
More fun Philippines
Tourist guide more fun
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
検索フォーム
最新トラックバック