FC2ブログ

ルソンの隔離75日目の最終日となりました 公共交通機関の解除


多くの地域で明日からGCQに移行しますが、公共交通機関

についての今後の方針が示されています。


フェーズ1 6月1日~21日迄

鉄道、大型バス、タクシー、TNVS(ネットワーク車両サービス)、

シャトルサービス、P2Pバス、自転車は乗車人数を制限した上で

運行が許可されます。


トライクも事前の地方政府の許可を受けた上で運行が許可

されます。


この期間中は長距離バスのメトロマニラへの乗り入れは許可

されません。


フェーズ2 6月22日~30日


小型バス、PUV(バン)、UVエキスプレスが乗車人数を制限した

上で許可されます。


交通機関を利用する上で柿のガイドラインが設けられて

います。


フェースマスクの着用、


料金の支払いにキャッシュレス等の接触を避ける方法を

用いる事、


サーマルスキャナーを用いる事、


PUVにおいてはアルコール、消毒剤等を用いる事、


頻度の高い接触部分表面の消毒、


ターミナルでの消毒設備を設ける事、


床屋やサロンは6月7日から解禁

但し、GCQでは30%、MGCQでは50%の操業率で、マッサージ、

髭剃り、シャンプー、ワクシング、マニキュア等の

付帯のサービスは接触の時間が長くなるという観点から

制限されます。


miss pinatubo contest2018 (66)

2018年ミス・ピナツボコンテスト撮影会より、


にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村
↑↑↑↑↑ここをクリックしていただけるとランキングが上がります。
にほんブログ村        いつもクリックしていただきありがとうございます。
にほんブログ村 大人の生活ブログへ
にほんブログ村
団塊世代 夢と希望
人気ブログランキングへ
関連記事
スポンサーサイト



テーマ : フィリピン
ジャンル : 海外情報

tag : ルソン 隔離 75日目 最終日 公共 交通 機関 解除

コメントの投稿

非公開コメント

No title

長距離バスはダウ発着でダウからマニラには行かないと言うことになるのでしょうか?
実際の運行計画が出てきませんね。
P2PはクラークからNAIAに行くのも再開でしょうか?
もし再開なら助かりますね。

サンパツ再開ももヨカッタですね、日常が少しだけ戻ってくるようで。
後は飲食店やバーでビールが飲めるようになりますとほぼ元に戻るのですが。

No title

タンボさん、

エドサを通過するP2Pはおそらく運行しないのではないかと思います。
エドサのバス路線は一本だけ許可され重複運行はないという方針が
出されています。

バリバゴの庶民の床屋はMECQの間、店の外で犬のトリムを
やっていました・・・笑
プロフィール

ワリスティンティン

Author:ワリスティンティン
在比20年。フィリピン・アンヘレス・バリバゴの情報を提供しています。 ワリスティンティンはフィリピンのどこの家庭でも使われている椰子の葉の芯を束ねた箒で安価で役立ちます。アンヘレスには13年となりました。

広告スペース
新着記事(下のプルダウンでカテゴリーが選べます)
最新記事
最新コメント
カテゴリ
Advertising Spase 200X200
カレンダー
03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイブ
FC2カウンター
最新記事
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
海外情報
19位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
アジア
6位
アクセスランキングを見る>>
リンク
月別アーカイブ
More fun Philippines
Tourist guide more fun
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
検索フォーム
最新トラックバック