FC2ブログ

イベルメクチンの有事使用に向け日本で動物実験を始める


イベルメクチンは大村智・北里大学特別栄誉教授によって発見された

抗寄生虫薬ですが、各国から新型コロナ感染者に投与すると重症化が

防げ、回復日数が減少するという報告があります。


北里大学では唾液中の新型コロナウイルスを100倍に濃縮した液に

イベルメクチンを投入するとコロナウイルスが減少する事から

動物への治験から始めて治験を進める事にしたようです。


この方法では変異ウイルスに対しても効果が認められる為、治験を

進める事になったようですが、WHOでは科学的な根拠がないという事で

静観している模様です。


ただ、日本でも変異ウイルスの感染が5割を超える程に感染の広がり

が観られ、ワクチンの到着も遅れている事から今後効果が認められる

ようであれば有用な薬剤になる可能性もあります。


ある治験では重傷者死亡率が20%から2%に改善されたという報告もあります。


フィリピンでもワクチンが思うように入荷してこない事から2病院に

限定して緊急の特別治験投与をする事にしたようです。昨日もう1病院が

追加されました。


昨日シノバックワクチンが50万回分がフィリピンに到着し、シノバック

ワクチンは累計で300万回分、アストラゼネカワクチンは525,600回分、

合計3,525,600回分が入荷した事になります。


Miss Universe 2021 Mexico (3)

ミス・ユニバース2020参加予定のミス・メキシコ、


にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村
↑↑↑↑↑ここをクリックしていただけるとランキングが上がります。
にほんブログ村        いつもクリックしていただきありがとうございます。
にほんブログ村 大人の生活ブログへ
にほんブログ村
団塊世代 夢と希望
人気ブログランキングへ
関連記事
スポンサーサイト



テーマ : フィリピン
ジャンル : 海外情報

tag : イベルメクチン 有事 使用 向け 日本 動物 実験 始める

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ワリスティンティン

Author:ワリスティンティン
在比20年。フィリピン・アンヘレス・バリバゴの情報を提供しています。 ワリスティンティンはフィリピンのどこの家庭でも使われている椰子の葉の芯を束ねた箒で安価で役立ちます。アンヘレスには13年となりました。

広告スペース
新着記事(下のプルダウンでカテゴリーが選べます)
最新記事
最新コメント
カテゴリ
Advertising Spase 200X200
カレンダー
04 | 2021/05 | 06
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
月別アーカイブ
FC2カウンター
最新記事
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
海外情報
20位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
アジア
7位
アクセスランキングを見る>>
リンク
月別アーカイブ
More fun Philippines
Tourist guide more fun
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
検索フォーム
最新トラックバック