fc2ブログ

フィリピンのラムダ株 監査で浮き彫りになった二つの不透明な支出


フィリピンで35才の女性がフィリピン初のラムダに感染していたと

DOHは発表しましたが、女性は無症候で10日間の隔離を経て現在は

回復しています。


ラムダは最初にチリで発見された変異ですがWHOは現在のところ

注意すべき変異と位置づけています。


当初のアルファよりも感染力は強くワクチンを回避する性質をもって

いるので注意が必要とされています。


フィリピンで感染が広がっている変異はアルファ株、ベータ株、デルタ株、

ビサヤで発見されたP.3株などですがラムダ株も追加された事になります。


フィリピンの政府監査委員会で今二つ不透明な支出について報じられて

います。


一つは学生のリモート学習用のラップトップ、ポケットWi-Fi、タブレットを

情報通信技術省から建設関係の十分な資産規模を持たない会社(Lex-Mar

ジェネラルマーチャンダイズ)に1億7千万ペソ余りの発注がかけられたという

ものです。


もう一つは技術教育スキル開発局(TESDA)から1億6千万ペソが対共産

対策費として支出されているというものです。


以前、ドゥテルテ大統領が「政府の腐敗」を指摘されたときに怒りを

あらわにした経緯がありますが、来年の選挙を控えて今後もこの件は

後を引いてゆくものと思います。


Miss universe 2021 candidate Kirsten

ミス・ユニバース2021フィリピンに参加するカーステンさん、


にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村
↑↑↑↑↑ここをクリックしていただけるとランキングが上がります。
にほんブログ村        いつもクリックしていただきありがとうございます。
にほんブログ村 大人の生活ブログへ
にほんブログ村
団塊世代 夢と希望
人気ブログランキングへ
関連記事
スポンサーサイト



テーマ : フィリピン
ジャンル : 海外情報

tag : フィリピンラムダ監査浮き彫り二つ不透明な支出

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ワリスティンティン

Author:ワリスティンティン
在比22年。フィリピン・アンヘレス・バリバゴの情報を提供しています。 ワリスティンティンはフィリピンのどこの家庭でも使われている椰子の葉の芯を束ねた箒で安価で役立ちます。アンヘレスには15年となりました。

広告スペース
最新記事
最新コメント
カテゴリ
Advertising Spase 200X200
カレンダー
03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
月別アーカイブ
FC2カウンター
最新記事
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
海外情報
101位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
アジア
36位
アクセスランキングを見る>>
リンク
月別アーカイブ
More fun Philippines
Tourist guide more fun
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
検索フォーム
最新トラックバック