fc2ブログ

フィリピンの再生エネルギーの探査、開発、製造、使用を外国人や企業に解禁


フィリピンは2035年に再生エネルギーの比率を35%、2040年に50%と

する事を決めていますが、現在は外国資本に対して厳しく制限を

しています。


自然再生エネルギーの中で日光、風力、海、潮流についてはこの

資本の規制を緩める事にしたものです。


但し、開発については国の監督下に置かれるという事です。


水のエネルギー開発についてはこの規制緩和には含まれません。


2008年、2009年の法令を改正し、新聞発表で広告で広報した

上で15日後の施行、官報へ掲載という手続きとなります。


フィリピン資本は60%という事が経済安全保障という観点から

適用されるという内容です。


Bangui windmills

マルコス大統領の地元では既に風力発電の風車が回っている

と聞いています。


にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村
↑↑↑↑↑ここをクリックしていただけるとランキングが上がります。
にほんブログ村        いつもクリックしていただきありがとうございます。
にほんブログ村 大人の生活ブログへ
にほんブログ村
団塊世代 夢と希望
関連記事
スポンサーサイト



テーマ : フィリピン
ジャンル : 海外情報

tag : フィリピン再生エネルギー探査開発製造使用外国企業

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ワリスティンティン

Author:ワリスティンティン
在比22年。フィリピン・アンヘレス・バリバゴの情報を提供しています。 ワリスティンティンはフィリピンのどこの家庭でも使われている椰子の葉の芯を束ねた箒で安価で役立ちます。アンヘレスには15年となりました。

広告スペース
最新記事
最新コメント
カテゴリ
Advertising Spase 200X200
カレンダー
03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
月別アーカイブ
FC2カウンター
最新記事
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
海外情報
85位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
アジア
34位
アクセスランキングを見る>>
リンク
月別アーカイブ
More fun Philippines
Tourist guide more fun
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
検索フォーム
最新トラックバック