fc2ブログ

パンパンガで14名が猛犬に噛まれ後に狂犬病感染が判明


パンパンガのサンフェルナンドで14人の子供達が猛犬噛まれ

事件があり、後に狂犬病感染していた犬であった事が判明したと

報道されました。


街に時々狂犬病予防のワクチン接種を呼び掛けるポスター等

を見かける事がありますが、生まれたばかりの子犬を道路脇で

売っていたりして安易に子犬をペットや番犬がわりに飼う人も

多いと思います。


住宅地でも一寸裏道に入ったりすると犬が群れをなして縄張りを

張っていたりするのに遭遇する事もあります。


子供はあまり犬の恐ろしさを知らないので注意を強く払わ

なかったりするので犠牲になってしまう事があるのだと

思います。


Belgian Malinois sample

(ベルジャンマリノアの同種犬、wikimediaより)

40才の女性が店で休んでいたところベルジャンシェパードが

突然襲ってきて顔を噛んだ後逃げ去り、誰の犬なのかと叫んだ

ものの誰も反応しなかったそうです。


その他13名(多くは子供達)がその犬に噛まれ、地域住民が

恐怖からその犬を殴り殺すという結果となったという事です。


狂犬病噛まれた後直ぐにワクチンを接種しないと100%死に

至る病気でフィリピンでは2007年に狂犬病予防法が施行されて

から飼い主は飼い犬に予防接種をしなければならないと定め

られていて飼い主は噛まれた人の治療費を負担しなければ

ならないとされています。


地域によってはまだワクチン接種がずさんな場所もあるようです。

野良犬には近づかないというのが一番の予防だと思います。


にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村
↑↑↑↑↑ここをクリックしていただけるとランキングが上がります。
にほんブログ村        いつもクリックしていただきありがとうございます。
にほんブログ村 大人の生活ブログへ
にほんブログ村
団塊世代 夢と希望
関連記事
スポンサーサイト



テーマ : フィリピン
ジャンル : 海外情報

tag : パンパンガ14名猛犬噛まれ後に狂犬病感染判明

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ワリスティンティン

Author:ワリスティンティン
在比22年。フィリピン・アンヘレス・バリバゴの情報を提供しています。 ワリスティンティンはフィリピンのどこの家庭でも使われている椰子の葉の芯を束ねた箒で安価で役立ちます。アンヘレスには15年となりました。

広告スペース
最新記事
最新コメント
カテゴリ
Advertising Spase 200X200
カレンダー
01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
月別アーカイブ
FC2カウンター
最新記事
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
海外情報
60位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
アジア
26位
アクセスランキングを見る>>
リンク
月別アーカイブ
More fun Philippines
Tourist guide more fun
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
検索フォーム
最新トラックバック